驚くほど体が変わる!たった1回で効果を実感!!肩・腰・首のトラブルをサンテラス整骨院は根本的に改善

【健康な骨盤を維持するために】

 

サンテラス整骨院 http://sunterrace-seikotsu.com/

こんにちは。

整体師の太田雄介です。

今回のブログテーマは

【健康な骨盤を維持するために】

 

【骨盤はすべての基本】

 

骨盤は上半身と下半身をつなぐ人間の基盤となる場所です。

また、体の中心部にあたるため骨盤の健康は全身に健康状態と密接に関係しているのです。

特に、女性にとっては妊娠や出産なども含めて、大変重要な部分であると言えます。

 

【骨盤の構造】

 

骨盤はそれひとつが大きな骨ではなく、4種類の骨が集まって構成されています。

まずひとつめが「仙骨」という骨で、背骨の下あたりに位置しています。

仙骨は逆三角形の形をしており、骨盤の中心部で体のバランスをとっています、

仙骨にズレが起こると、骨盤からつながる部分もズレていきます。

そして、左右に羽を広げるように大きくあるのが寛骨です。

左右の寛骨は腸骨・坐骨・恥骨の3種類の骨が集まってひとつになった骨で、

子宮や膀胱、卵巣を保護してくれます。

恥骨は骨盤の前面にある骨で、恥骨がズレると妊娠中に痛みが出ることがあります。

「骨盤 イラスト」の画像検索結果

 

【骨盤の役割】

 

では、骨盤にはどのような役割があるのでしょうか?

骨盤の主な役割は以下の3つです。

 

①内臓を守る

骨盤には、小腸や大腸などの消化器官、膀胱を守るという役目があります。

加えて女性は、子宮や卵巣といった内臓も骨盤に包まれています。

骨盤が歪んで、骨盤周りの血行が悪くなると、内臓にも十分な栄養が行きわたらなくなります。

消化器官であれば、便秘や下痢などの症状が出たり、子宮の病気や生理痛の悪化につながる恐れもあるのです。

 

②体のバランスをとる

 

骨盤は、体のバランスを調節する機能があります。

骨盤に歪みが無く、正常な場所にあればそこからつながる背骨や大腿骨も正しい位置に保たれます。

しかし、骨盤が左右に歪んでいたら、当然背骨にも歪みが生じますよね。

足の動きを司る股関節・大腿骨も骨盤と結合しているため、歪みが生じると歩行のバランスが取れなくなったり、左右で足の太さに差が出るなどの問題が起こります。

女性に多い股関節痛やO脚などの脚の問題は、骨盤の歪みが原因で発症するケースが後を絶ちません。

また、座っているときに体を支えているのも骨盤の働きが関係しています。

骨盤の一番下にある「坐骨」という骨が、二つの点で体を支えている状態が理想的な座り姿勢ですが、骨盤に歪みがあると一点だけで上半身を支えることになり、バランスが崩れていきます。

 

③赤ちゃんを守る

これは女性の骨盤にだけ当てはまる役割です。

女性が妊娠すると、子宮の中で赤ちゃんが育っていきます。

外部からの刺激から赤ちゃんを守り、

出産まで赤ちゃんを大切に育ててくれるのが骨盤の大切な役目のひとつです。

 

 

「骨盤 イラスト 約割」の画像検索結果

 

 

【大腰筋を鍛えよう】

 

骨盤の歪みを予防するためには、普段の生活習慣を見直し、歪みにくい体作りをする必要があります。

骨盤の歪み予防に効果的な方法のひとつとして「筋肉を鍛える」という方法があります。

骨盤自体は骨でできていますが、骨盤を支えているのは筋肉です。

骨盤が前傾した際に、内臓が下に降りてしまうポッコリお腹も、腹筋が鍛えられていればある程度防ぐことが可能です。

なかでも、背骨から骨盤、太ももまで繋がっている「大腰筋」を鍛えることが骨盤の歪み防止には欠かせません。

大腰筋は、歩いたり走ったりするときに足を上に上げる筋肉です。

大腰筋が弱ると、骨盤が上半身を支えることができなくなって骨盤が歪んでいきます

さらに、足を上げることができなくなり、ちょっとした段差につまずいたり、

歩いている姿勢が不安定になってしまいます。

大腰筋は老化が始まるのが早い筋肉で、

男女ともに30代前半から徐々に筋肉が細くなっていきます。

つまり、若いうちから大腰筋を鍛えておかなければ、

骨盤の歪みも大腰筋の老化とともに進行してしまうということです。

 

 

 

以下に

大腰筋を鍛えるために効果的な運動

をふたつご紹介します。

どちらも簡単に行えるので、睡眠前などに行ってみてください。

 

<大腰筋エクササイズ1>

①まっすぐ立った姿勢から、片足だけを上げます。

②そのまま足を前に踏み出して、踏み出した方の足に体重をかけます。

③踏み出した足ができるだけ90度になるようにして、後ろの足が伸びているのを感じながら5秒~10秒そのままの姿勢を維持します。

④足を変えて同じ動作をします。

 ※1日10回程度を目安に行いましょう。

 

<大腰筋エクササイズ2>

①直立した状態から、片方の腕を真横に上げます。

②①と反対の肘を曲げて①と同じように上げます。

③肘を曲げた方と反対の足を膝を曲げて上げます。

④曲げた肘と膝をくっつけるように近づけて、おへその高さあたりでくっつくようにします。

⑤反対側も同様に行います。

※最初は数秒間しかできないかもしれませんが、慣れてきたら10秒以上肘と膝をくっつけられるようになると良いです。

 

 

【元気な骨盤を保とう】

 

筋肉を鍛えて、骨盤の歪みを防ぐことができれば姿勢をきれいに保ち、内臓の働きを正常に維持することができます。

 

いちど歪んでしまった骨盤も、骨盤矯正の施術を受けることで歪みを改善していくことが可能です

 

 

 サンテラス整骨院でも腰痛のさまざまな症状に関する相談に対応しております。

腰痛の治療について詳しく知りたい方は下記詳細をご覧ください。

腰痛

骨盤矯正

☆★ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★

 

【サンテラス整骨院】

TEL 052-746-0790

愛知県名古屋市緑区滝ノ水4丁目1508 1F

【HP】 

http://sunterrace-seikotsu.com/

【エキテン】

http://www.ekiten.jp/view_shop_77340822/

 

サンテラス整骨院もLINEにてご予約できます(#^.^#)

お気軽にお問い合わせください♪

友達追加をクリックして

メッセージをお願いします。

友だち追加

2017年05月22日